薬についての豆知識

◆薬の種類

 医薬品には効きめ(効能効果)以外にリスク(副作用など)があり、現在では三種類の区分があります。


医療用医薬品 医師の処方箋が必要
一般用医薬品 市販 第1類 効能の強い胃腸薬・発毛剤等
第2類 風邪薬・解熱鎮痛剤など
第3類 ビタミンB剤・C剤など
医薬部外品 販売規制がない
  • ※一般用医薬品の第2類、第3類は店舗に「登録販売者」を置くことでコンビ二等での販売は可能です。また、第3類のすべての医薬品がネットやカタログを使って販売もできます。

★購入者の視点に立った適切に選べる環境

 メーカー‥‥分類名を大きく医薬品の外箱に表示
 販売店‥‥‥ 分類ごとに陳列し、違う分類の医薬品とまぜない
薬剤師・登録販売者・その他の従業員の区分をする

★安全性重視

 利用者の安全性を高めるために、厳しい規制を第1類に課しています。薬剤師は購入者から質問がなくても積極的に、書面を使って副作用などの説明義務があります。また、陳列は棚越し(オーバー・ザ・カウンター)としなければなりません。

★医薬品販売の新たな専門家「登録販売者」

 都道府県で2008年秋から試験が実施され、合格者は専門家として適正使用のためのアドバイスをします。なお、リスクが特に高い第1種の販売は、薬剤師が従前どおり対応しなければなりません。

◆薬の飲み方について

●薬の飲み方一口メモ

  • ・添付文書は必ず読む
  • ・用法・用量を守る
  • ・服用時間を守る
  • ・錠剤・カプセル剤は乳幼児に使用しない
  • ・異常を感じたらすぐに服用をやめる
  • ・液剤はよく振り、瓶に直接口を付けない
  • ・目薬の口を直接目につけない

●飲み合わせ

 薬同士、飲食物によって相互作用が起き、何らかの影響が出ることもある。

<医師が注意指示をだすようになった主なもの>

グレープフルーツジュース、 牛乳、納豆、クロレラ、緑黄色野菜、西洋オトギリ草、コーヒー、紅茶、ドリンク剤などカフェインを含むもの

<あらゆる薬に対して注意が必要なもの>

アルコール 薬の血中濃度が上昇し吸収を促進するため作用が強くなる。中毒症や肝臓への障害もある。
健康食品 ビタミン、ミネラル類が濃縮されているため、大量摂取は、血液を固まらせないために用いる多くの薬に影響が出るものもある。
漢方薬 原料、製法が違っても医薬品。併用は要相談。

◆海外の薬(海外旅行で購入・個人輸入)について

 厚生労働省の未承認薬が多く、副作用・薬害もあります。個人使用のための輸入・購入は禁止されていないが要注意です。

◆保健機能食品について

●特定保健用食品(トクホ)とは?

 平成3年に登場、厚生労働省が「摂取をする」ことで、特定の「保健の目的が期待できる」旨を「表示」することを許可した食品。

特 徴

  • ・体の調子を整える働きのある成分を加えた食品
  • ・実際に摂取する試験を長時間行い、医学・栄養学的に証明したデータの有効性を厚生労働省に提出、個別に審査を受ける。
  • ・保健作用、効果の表示を国が許可したものに下記のマークが付与される。
  • ・現在400品目を超え増加中

特定保健用食品(トクホ)のマーク

トクホは食べるだけで病気が治ったり、即やせたりする効果はない!

「医薬品と誤解されるような疾病の診断、治療、予防に関する表現は認められない」とされており、表示できる内容が定められている。

チェック

<表示比較例>

血圧の高めの人に      × 高血圧を改善する
お通じを良好にする食品      × 解毒作用のある食品

●名称と分類(平成13年4月施行)

医薬品 保健機能食品 一般食品
医薬部外品 特定保健用食品 栄養機能食品 健康食品含む
ビタミン・ミネラル
  • ※「通常の食品の形状」「錠剤・カプセル等の形状」の区別はなし

●保健機能食品の表示事項

特定保健用食品栄養機能食品
1 特定保健用食品である旨1 栄養機能食品である旨
2 栄養成分表示2 栄養成分表示
3 特定の保健用途表示(表示許可された表示)3 栄養機能表示
4 1日当たりの摂取目安量4 1日当たりの摂取目安量
5 摂取方法5 摂取方法
6 1日当たりの栄養所要量に対する充定率(所要量が定め有)6 1日当たりの栄養所要量に対する充定率
7 摂取する上での注意事項7 摂取する上での注意事項
8 本品は特定保健用食品と異なり厚生労働省による個別審査を受けたものではない旨

●栄養機能食品と健康食品

栄養機能食品

  • ・ビタミン・ミネラル14種類について、1日あたりの摂取目安量の上・下限値が国の決めた基準内にあり、一定の栄養機能表示ができる食品
  • ・国の許可や届け出は不要

健康食品・サプリメント

  • ・はっきりとした定義がない。
  • ・一般的には、普通の食品より健康に良い効果があると称して売られている食品
  • ・医薬品的な効能・効果をうたうことは、薬事法、不当景品類及び不当表示防止法により禁止
  • ・(財)日本健康・栄養食品協会では、国の指導のもとに品目別規格基準を設定し下記マークを付与

JHFAマーク

●健康食品の危険

 サプリメントなど健康食品を利用する人が増えているのに狙いをつけて、誇大広告や医薬成分を添加した薬事法違反の製品が出回っています。健康被害を受ける危険性があるので、インターネットだけでなくチラシ等の通信販売やマルチ商法などで入手する場合も、気をつけましょう。トクホのマークやJHFAマークは安心の目安になりますので、健康食品を選ぶ時の参考にしてください。

 ダイエットを目的として購入した製品で、平成17年因果関係を疑われる死亡や健康被害が報告される事件がおきました。本来医薬成分は添加できないはずなのに、甲状腺機能障害やうつ病に用いる成分も検出されています。体がほてったり喉が渇いたり下痢をしたら、すぐに使用を中止して診察をうけることです。公的なサイトからの情報入手をお勧めします。

page top