相談専用ダイヤル
03-3543-0084 03-3546-5727
午前9時~午後4時まで 土日祝祭日と12/29から1/3は休み
施設案内
講座・催しもの
印刷物ダウンロード
リンク集
お問い合せ
多重債務でお悩みの方へ
高齢者向け情報
保護者の皆様へ~子どもを守る~
中央区消費生活センター
クリックをすると地図が拡大されます
中央区消費生活センター
〒104-8404
東京都中央区築地1-1-1
中央区役所内

TEL:03-3546-5332
FAX:03-3546-9557

相談専用ダイヤル
03-3543-0084
03-3546-5727

大学生のみなさん、バイナリーオプションの投資学習用USBメモリの勧誘にご注意ください!(東京都消費生活総合センター)


 バイナリーオプション取引の学習用USBに関する若者の相談が急増しています。
 バイナリーオプション取引とは、短時間において為替相場等が上がるか下がるかを予想するものです。取引期間終了時に、事前に指定した価格を上回った場合、一定額の金銭を受け取ることができます。一見すると簡単な取引に見えますが、予想が外れれば投資したお金を全て失います。また、数分から数時間という短時間に投資を繰り返すことで損失が多額となるリスクがあります。

・相談事例1
 大学の友人から、「バイナリーオプションの投資を始めて、初心者の自分でも月20万円の収入があった。」と言われ、投資の説明をしてくれるという人を紹介された。USBの内容を参考にするだけで勝率80%と言われたので、指示されたとおりに学生ローン3社で50万円を借りた。その後投資学習用USBを契約して投資したが、結局全額失った。

・相談事例2
 大学2年の息子が、先輩から投資話を持ち掛けられ、学生ローン3社から20万円ずつ借金して、バイナリーオプションの方法を教えるUSBを購入していた。息子は儲かると信じているようだ。


◎消費者の皆さまへのアドバイス
・簡単に儲かるという話には注意しましょう
 USBはあくまで学習用の教材でしかなく、購入すれば儲かるというものではありません。

・安易に多額の借金をすることはやめましょう
 USBの購入資金として消費者金融で借金をすることを勧められ、その結果、儲かるどころか借金返済だけが残ってしまう大学生が増えています。

・海外の金融機関とのバイナリーオプション取引に注意してください
 日本の居住者との取引を行う場合には、金融商品取引法上の登録が必要で、登録を受けずに取引を行うことは禁止されています。

list page page top
消費者庁
国民生活センター
東京くらしWEB
東京都架空請求対策 身に覚えのない請求に慌てないで!
みんなで見守り悪質商法にだまされない!
悪質事業者通報サイト
アノ手、コノ手の悪質商法にご用心 困ったら、一人で悩まずすぐ相談