相談専用ダイヤル
03-3543-0084 03-3546-5727
午前9時~午後4時まで 土日祝祭日と12/29から1/3は休み
施設案内
講座・催しもの
印刷物ダウンロード
リンク集
お問い合せ
多重債務でお悩みの方へ
高齢者向け情報
保護者の皆様へ~子どもを守る~
中央区消費生活センター
クリックをすると地図が拡大されます
中央区消費生活センター
〒104-8404
東京都中央区築地1-1-1
中央区役所内

TEL:03-3546-5332
FAX:03-3546-9557

相談専用ダイヤル
03-3543-0084
03-3546-5727

ボタン電池の破裂・発火事故に注意(東京都生活文化局)


 様々な製品で使われているボタン電池でも、火災や破裂、液漏れなどの事故が発生しています。この機会に電池を安全に使うためのポイントを確認しましょう。

◎事例
・ボタン電池を袋にまとめてタンスの引き出しに入れていたところ、ボタン電池が発火したようで、引き出しの中に焦げ跡があった。

・押さえると犬の鳴き声を発するクリップ型紙ばさみのボタン電池を交換しようと思い、プラスドライバーで電池を取り出し手に取ったところ破裂し、眼に異物が入った上に、指先もけがをした。劣化などによって内部に水素ガスが発生し、内圧が上昇していた状態で、ドライバーの使用によって電池の一部を損傷させたために破裂したものと推定される。

・玩具から取り外した使用済みのボタン電池が破裂した。新旧の電池を混用したため、古い電池が過放電状態となり、内部でガスが発生して破裂したものと推定される。


◎消費者の皆さまへのアドバイス
・電池をむき出しのままで、まとめて保管しないようにしましょう。複数の電池や金属を袋などにまとめて保管すると、プラス極とマイナス極がつながり、ショートする可能性があります。電池は、使用直前まで包装を取らない、または、保管ケースに入れるなどしましょう。

・電池に傷を付けないでください。変形してショートし、発熱、破裂、発火するおそれがあります。電池の中の液が皮膚や衣服に付いた場合、きれいな水で洗い流してください。万が一、目に入った場合は、すぐにきれいな水で洗い流して、医師の診察を受けましょう。

・電池の取替えは、全部まとめて行い、新しい電池と古い電池は混ぜないようにしましょう。

list page page top
消費者庁
国民生活センター
東京くらしWEB
東京都架空請求対策 身に覚えのない請求に慌てないで!
みんなで見守り悪質商法にだまされない!
悪質事業者通報サイト
アノ手、コノ手の悪質商法にご用心 困ったら、一人で悩まずすぐ相談
悪質商法は、ネコをかぶってやって来る。あやしいと思ったら、すぐに相談。