相談専用ダイヤル
03-3543-0084 03-3546-5727
午前9時~午後4時まで 土日祝祭日と12/29から1/3は休み
施設案内
講座・催しもの
印刷物ダウンロード
リンク集
お問い合せ
多重債務でお悩みの方へ
高齢者向け情報
保護者の皆様へ~子どもを守る~
中央区消費生活センター
クリックをすると地図が拡大されます
中央区消費生活センター
〒104-8404
東京都中央区築地1-1-1
中央区役所内

TEL:03-3546-5332
FAX:03-3546-9557

相談専用ダイヤル
03-3543-0084
03-3546-5727

ネットで見つけた事業者にパソコン修理を頼んだが、広告表示より高額だった!(東京都消費生活総合センター)


◎相談事例
 パソコンが動かなくなったので、インターネットで見つけた事業者に見積もりを求めたところ、4,800円との回答だったので、申し込んだ上でパソコンを送った。
 ところが、その後2万円という高額な見積書が送られてきたため、キャンセルを申し出たところ、「キャンセルの場合、キャンセル料が4,000円かかる」と言われた。広告や最初の見積額と大きく違う上、キャンセル料がかかることはどこにも書かれていないので、納得できない。
 パソコンを返却してほしいが、メールで問い合わせても返信がない。どうしたらいいか。


・パソコン修理を依頼する事業者を決める際は慎重に!
 パソコンの不具合を専門の事業者に依頼する場合、ウェブサイト上の広告表示だけで決めるのはやめましょう。費用や契約内容、解約料などを利用規約や約款等で確認し、不明な点がある場合は事業者に直接確認しましょう。
 また、1社だけでなく、複数の事業者に見積もりを依頼するなど、慎重に検討しましょう。

・パソコンは重要なデータのかたまりです。送付する際は慎重に!
 パソコンを事業者に渡すと、個人情報などの重要なデータを全て預けることになります。パソコン送付後、事業者と修理料金等でトラブルが生じた際に、データを消されるのではないかと不安になり、仕方なく事業者の言い値に応じてしまったという事例もありました。パソコンを送る前に、費用や修理内容等を聞き取り、データの取り扱いや何かあった場合の補償等についても確認しましょう。また、データを取り出せる場合は、パソコンを送る前に必ずデータを別途保存しておきましょう。


list page page top
消費者庁
国民生活センター
東京くらしWEB
東京都架空請求対策 身に覚えのない請求に慌てないで!
みんなで見守り悪質商法にだまされない!
悪質事業者通報サイト
アノ手、コノ手の悪質商法にご用心 困ったら、一人で悩まずすぐ相談
悪質商法は、ネコをかぶってやって来る。あやしいと思ったら、すぐに相談。