相談専用ダイヤル
03-3543-0084 03-3546-5727
午前9時~午後4時まで 土日祝祭日と12/29から1/3は休み
施設案内
講座・催しもの
印刷物ダウンロード
リンク集
お問い合せ
多重債務でお悩みの方へ
高齢者向け情報
保護者の皆様へ~子どもを守る~
中央区消費生活センター
クリックをすると地図が拡大されます
中央区消費生活センター
〒104-8404
東京都中央区築地1-1-1
中央区役所内

TEL:03-3546-5332
FAX:03-3546-9557

相談専用ダイヤル
03-3543-0084
03-3546-5727

令和2年度「子どもの事故防止週間」を実施します(消費者庁)


 消費者庁では、7月20日(月)から7月26日(日)まで、令和2年度「子どもの事故防止週間」を実施します。

 令和2年4月から5月末までの緊急事態宣言等による外出自粛要請期間中に発生した、家の中での14歳以下の子どもの事故又はヒヤリ・ハットについて、消費者庁でアンケート調査を実施しました。

◎調査結果のポイント
・24%の方が家の中の事故又はヒヤリ・ハットの経験あり
・事故内容については、「落ちる」事故が最も多く、その中でも階段が多い。
・発生場所については、台所、リビング、階段の順に多く発生

 子どもの動きは予測がつかない上に、ずっと目を離さずにいることも困難です。事故を防ぎ、万が一何かが起きたときでも危害を最小限にできるよう、子どもの目線に立って、家の中の家具・家電の置き場所等、危険な場所や物をもう一度見直してみましょう。

 また、消費者庁は、子どもの事故防止ハンドブックを作成しています。これは、0歳から6歳(小学校に入学前の未就学児)の子どもに予期せず起こりやすい事故とその予防法、もしもの時の対処法のポイントをまとめたものです。

 子どもの周囲の大人たちが子どもの身の回りの環境にちょっとした注意を払い、対策を立てることで、防げる事故があります。明るく楽しい子育てと毎日の生活のために、子どもを事故から守る正しい知識を身に付けましょう。


list page page top
消費者庁
国民生活センター
東京くらしWEB
東京都架空請求対策 身に覚えのない請求に慌てないで!
みんなで見守り悪質商法にだまされない!
悪質事業者通報サイト
アノ手、コノ手の悪質商法にご用心 困ったら、一人で悩まずすぐ相談
ブラウザに表示される警告表示について

当ウェブサイトの閲覧時に、「(通信が)保護されていません」と警告メッセージが表示される場合があります。

 ブラウザの仕様変更により、SSLによる暗号化通信に対応していないページに警告が表示されるようになったもので、今までどおり閲覧することができます。

 画面に不審な点(不審な個人情報の入力画面、バナーがある等)が見受けられる場合は、消費生活センターまでお問い合わせください。

ちゅうおう安全・安心メール ご希望の情報を配信 ◎消費者生活情報 ◎気象警報・注意報 ◎緊急のお知らせ ◎地震情報 ◎洪水予報 ◎防犯情報 登録・配信無料!登録・配信無料!ご登録はこちら
中央区