相談専用ダイヤル
03-3543-0084 03-3546-5727
午前9時~午後4時まで 土日祝祭日と12/29から1/3は休み
施設案内
講座・催しもの
印刷物ダウンロード
リンク集
お問い合せ
多重債務でお悩みの方へ
高齢者向け情報
保護者の皆様へ~子どもを守る~
中央区消費生活センター
クリックをすると地図が拡大されます
中央区消費生活センター
〒104-8404
東京都中央区築地1-1-1
中央区役所内

TEL:03-3546-5332
FAX:03-3546-9557

相談専用ダイヤル
03-3543-0084
03-3546-5727

窓やベランダからの子どもの転落事故に御注意ください!―網戸に補助錠を付ける、ベランダに台になる物を置かないなどの対策を―(消費者庁)


 子どもが住居などのベランダから転落し死亡する事故が多く発生しています。厚生労働省「人口動態調査」、東京消防庁「救急搬送データ」及び医療機関ネットワーク事業の事故情報を消費者庁で分析したところ、以下のことが分かりましたので、注意が必要です。

・窓を開けたり、ベランダに出る機会が増えたりする夏頃から転落事故が増加
・子どもの中でも3~4歳の転落事故が最も多い
・2階からの転落でも入院が必要な中等症と診断されている事例が多い
・窓が開いた部屋で子どもだけで遊んでいて発生する事例が多い


◎消費者の皆さまへのアドバイス
【窓やベランダ周辺の環境づくり】
・窓やベランダの手すり付近に足場になるようなものを置かないようにしましょう。特に、エアコンの室外機の置き場所は工夫しましょう。
・窓、網戸、ベランダの手すり等に劣化がないかを定期的に点検しましょう。
・窓を閉めていても、子どもが勝手に窓を開けないよう、窓や網戸には、子どもの手の届かない位置に補助錠を付けましょう。換気する際も同様です。

【子どもの見守り・教育】
・子どもだけを家に残して外出しないようにしましょう。
・窓を開けた部屋やベランダでは子どもだけで遊ばせないようにしましょう。
・窓枠や出窓に座って遊んだり、窓や網戸に寄りかかったりさせないようにしましょう。


list page page top
消費者庁
国民生活センター
東京くらしWEB
東京都架空請求対策 身に覚えのない請求に慌てないで!
みんなで見守り悪質商法にだまされない!
悪質事業者通報サイト
アノ手、コノ手の悪質商法にご用心 困ったら、一人で悩まずすぐ相談
ブラウザに表示される警告表示について

当ウェブサイトの閲覧時に、「(通信が)保護されていません」と警告メッセージが表示される場合があります。

 ブラウザの仕様変更により、SSLによる暗号化通信に対応していないページに警告が表示されるようになったもので、今までどおり閲覧することができます。

 画面に不審な点(不審な個人情報の入力画面、バナーがある等)が見受けられる場合は、消費生活センターまでお問い合わせください。

ちゅうおう安全・安心メール ご希望の情報を配信 ◎消費者生活情報 ◎気象警報・注意報 ◎緊急のお知らせ ◎地震情報 ◎洪水予報 ◎防犯情報 登録・配信無料!登録・配信無料!ご登録はこちら
中央区